トップ > おかやまの課題を知る > 検索結果

おかやまの課題について

カテゴリ「その他」で検索・・・・・・9件見つかりました。

2016年10月01日【倉敷市】平成28年6月時点での倉敷市消防局管内の住宅用火災..
 住宅用火災警報器は,火災の逃げ遅れによる死者を減らすために,平成23年6月からすべての住宅に設置が義務付けられました。設置する場所はすべての「寝室」,「寝室」が2階以上にある場合は「階段」の上部にも設置が必要になっています。 倉敷市消防局管内において「近隣住民が警報音に気付き,119番通報して大き..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】H27年中,倉敷市では,1万人が応急手当を学びまし..
 倉敷市消防局では,平成27年中に21,252件の救急出動があり,20,117人を搬送しました。いずれも過去最高となりましたが,今後も増加することが見込まれます。 心肺停止となった傷病者は,2分以内に心肺蘇生法が行われると約90%が社会復帰する可能性がある反面,応急手当が1分遅れる毎にその可能性は激..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】歩行環境の整備が年間医療費抑制につながります
【超高齢化社会に向けた,歩行増加による年間医療費抑制の効果と対策】 我が国は2005年を境に人口減少時代に突入しており,未だ世界のどの国も経験したことのない超高齢化社会を迎えようとしています。その度合いは,2055年には人口が現在の約3割(約3.6千万人)減少し,65歳以上の高齢者が総人口の約4割を..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】特殊車両の違反走行が道路の構造に影響を及ぼします
 特殊車両のH27年度倉敷市への協議申請件数は198件でした。国交省の調査で、現在通行する重量超過車両の約7割は無許可や通行条件違反などの違反状態で走行していると推定され、それらの違反車両が道路の構造に及ぼす影響は非常に大きいと考えられます。このような状況から特殊車両通行許可制度の適正な運用を図る必要があ..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】肥満でないあなた!自分は糖尿病とは無縁と思っていま..
 平成24年度の倉敷市国保特定健診の結果によると,肥満でない人にも糖尿病に関連するデータの有所見者が55.3%いました。血圧についても肥満でない人の有所見者は半数を超えています。(出典:倉敷市国民健康保険保健事業実施計画 平成27年度〜平成29年度)肥満でない人も,血圧,血糖値,脂質等のリスクが重複..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】H27年度,管内の60.2%の小中高等学校で,租税..
【H27年度,管内の60.2%の小中高等学校で,租税教室を開催しました】税の仕組みや税が社会に果たす役割について正しく理解してもらう活動として、小学校・中学校・高等学校で租税教室が行われています。倉敷市及び早島町の児童・生徒に対して、倉敷地区租税教育推進協議会から講師を派遣しています。講師は税務署や..(続きを読む)
2016年10月01日【倉敷市】「誰かのために」は私のために。「私のために」は誰か..
人権問題は決して「誰かの」問題ではなく,「私の」問題であることに気づくことが大切です。今日では,人権問題は多様化,複雑化が進んでおり,より迅速できめ細やかな対応が求められるようになりました。倉敷市では「だれもがその人らしさ(個性)を尊重され,幸せに暮らしていくことができる」まちを目指して倉敷市人権施..(続きを読む)
2012年05月30日岡山県 HIV感染0.6%
岡山県内で2011年新たに確認されたエイズウイルス(HIV)感染者は9人、発症したエイズ患者は7人の計16人に上り、1991年に感染者が初確認されて以降、年間では3番目の多さだったことが県のまとめで分かったとされました。厚生労働省の資料では、国内の感染者は過去4番目、患者は過去最高となっています。1..(続きを読む)
2012年03月30日岡山県内のNPOへの寄付は3億5千万円
岡山県認証のNPO法人を対象に、その寄付額について決算書より集計したところ、NPO 法人に払われた寄付金の総額は349,480,627 円であり、1法人あたりの平均額は674,673 円でした。以下の棒グラフのとおり、金額が大きい法人と少ない法人の差が大きく、また、会費よりもさらに、ごく一部の法人の寄付収入が高いことが分かり..(続きを読む)