トップ > おかやまの課題を知る一覧 > 岡山の人権相談、多いのは「家族間の暴行・虐待」
カテゴリ別おかやまの課題
子供
障がい者
お年寄り
外国人
まち・むら
働き方
文化・スポーツ・科学
環境
その他

同カテゴリ内の課題:11件

2012年11月22日岡山の人権相談、多いのは「家族間の暴行・虐待」

岡山県内(岡山法務局の管内)で平成24年度9月までに寄せられた人権相談347件のうち、最も多いものは「家族間における暴行・虐待」の32件でした。
これは全国50の地域のうち、13番目に多い数字です。

親しく近しい関係である家族間での出来事とはいえ、苦痛に感じる人がいる以上は対処が必要です。

中立な立場で相談や調査を行う行政機関や、被害者に寄り添う組織が設ける相談窓口などに連絡し、周囲も支えていけるような環境づくりが求められています。

人権侵犯事件統計(法務省)
http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_jinken.html