トップ > おかやまの課題を知る一覧 > 岡山県内の女性役員比率の高さ、全国6位(女性就業率は全国28位)
カテゴリ別おかやまの課題
子供
障がい者
お年寄り
外国人
まち・むら
働き方
文化・スポーツ・科学
環境
その他

同カテゴリ内の課題:11件

2012年04月20日岡山県内の女性役員比率の高さ、全国6位(女性就業率は全国28位)


総務省の「国勢調査報告」によると、岡山県内の女性役員比率は28.0%(全国平均24.3%)と
全国6番目の高い数字になっています。


1番目は「女性社長の多い県」として有名な徳島県(30.6%)、2番目は熊本県(29.4%)、次いで鹿児島県(29.2%)、
高知県(28.6%)、宮崎県(28.3%)と続きます。
男女共同参画社会の進む現在では、今後も数値が高まっていくことが望まれます。

一方、女性の就業率は45.6%(全国平均45.5%)となっており、全国で28番目と、決して高いとはいえない数字です。

女性の社会進出が進み、経済の担い手が増えることは、今後少子化・人口減少が予測される日本において
重要な意味を持つのかもしれません。

<参考>
>>101の指標からみた岡山県(岡山県)
 34.女性就業率、35.女性役員比率
>>女性の役員数(統計局)