トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 検索結果

NPO団体検索結果

50音で探す「み」で検索・・・・・・4件見つかりました。

公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま
団体の活動・業務「みんなでつくる財団おかやま」で取り組む事業(仕組み)
当法人では、県内の社会課題解決をすすめるために、主に以下の3つの事業を行い、展開していくことを目指しています。

1.事業指定寄付 「割り勘で夢をかなえよう」              
 「割り勘で夢をかなえよう!」事業指定助成プログラムとは、寄付を原資とした助成事業です。NPO・市民団体が取り組む事業内容に発信し、事業への賛同者を募ることで、寄付により資金集めを支援する仕組みです。プログラムの流れとしては、事業の状況を伺いながら一緒に寄付募集プランを考え、インターネットメディアを含めた募集ツールを整備し、事業実施団体の寄付募集をサポートします。寄付募集の取り組みを通じて、実施団体が解決を目指す社会課題の認知と理解を高め、事業内容や事業の重要性を社会に発信していきます。
当プログラムの効果・特徴は以下の3点です。

〇業を応援してくれている方から直接資金を集めることができる
⊃景后SNS等のメディアを活用した発信にしょり、広く多くの人に事業の重要性・内
容について知ってもらうことが出来る
事業に関わる人を増やすことができる(金銭以外の支援等)


【具体的な流れ】
(1)プロジェクトのアイディア(事業案)を募集します。
(2)プロジェクトの実行体制等の審査を行い、選定します。
(3)選定したプロジェクトを財団のウェブサイトやプロジェクトのカタログ、プログラムによっては提携するクラウドファンディングのサイト等に掲載して、賛同者を募ります。(財団からも呼びかけをします)
(4)寄付者は共感するプログラムを選んで、寄付(賛同)をします。
(5)目標金額まで寄付が達したら、助成金としてプロジェクト提案団体に支払います。


2.社会変革ファンド 「みんなの貯金箱をもとう」             
 地域で必要な取り組みに対して、みんなの貯金箱にお金を貯めて、事業募集し助成する仕組みです。自分の好きなテーマを選んで基金をつくれます。基金には名前をつけることもできます(冠基金)。また、地域の中で重要度や緊急度が高い社会課題を提示して基金を設立することで、課題を可視化し、効果的な寄付(社会投資的な寄付)を実施していただき社会変革を起こす仕組みです。

3.地域円卓会議 「みんなとやれば、できるはず!」            
地域における社会課題の解決を、地域の様々な主体で役割分担をして目指すために、NPOや行政だけではなく、企業、学校などの関係者を集めて解決に向けた検討を行う会議を開催します。従来の行政が招集する形ではなく、財団が招集者または招集を希望する企業セクターなどにコーディネートの支援を行うことで、すべての主体が対等に会議の座に着く場づくりを行います。また、その内容も意見交換をするだけの懇談に終わらず、それぞれの役割分担を話し合いで決定していくことで具体的なアクションをすすめていきます。
  • 代表者浅野 直
  • 所在地33総社市
1.社会課題の解決のために活動する市民団体等(以下、社会活動団体という)に仲介・提供するために、必要な資金等の資源を募り、確保する事業
2.社会活動団体に対し、助成、顕彰等を行う事業
3.社会活動団体に対し、融資を行う事業
4.社会課題解決を支援するために、不動産等の資源を活用する事
公益財団法人 水島地域環境再生財団
団体の活動・業務この法人は、前条の目的を達成するため次の事業を行う。
(1)公害地域の再生・地域づくりに関わる調査研究及び活動
(2)公害経験や公害地域再生・地域づくりに関わる情報交流事業
(3)環境学習、環境保健活動等支援事業
(4)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
  • 代表者石田 正也
  • 所在地33倉敷市
環境・人の健康に配慮した企業活動・まちづくりを担える人材育成を行う。

広く全国や世界各地と情報交換し、将来の世代が安心して暮らせる環境の保全創出を行う。
NPO法人 みんなの劇場・おかやま
団体の活動・業務■子どもの諸活動に関する事業の支援
 交流体験活動・自然体験活動・劇団やアーティストによるワークショップ、夏休みフリー塾
 高学年キャンプ、レトロ遊びなど
■優れた文化芸術に関する活動の推進
 年5回、地域の会場でプロの創造団体による舞台芸術鑑賞会を開催。
 これまでの上演作品:318作品(35年間 2021年7月現在)以下は主な作品
 ・日韓合同作品「ロビンソンとクルーソー」(1999年)
 ・野村萬斎狂言ワークショップ(2001年)
 ・劇団仲間「モモと時間どろぼう」(2005年)
 ・桂文化「おやこよせ」(2008年)
 ・人形劇団ひとみ座「ふたりはともだち」(2012年)
 ・ロバの音楽座「森のオト」(2012年)
 ・人形劇団むすび座「ピノキオ」(2015年)
 ・鳥の劇場「すてきな三にんぐみ」(2016年)
 ・劇団うりんこ「ともだちや」(2017年)
 ・オペラシアターこんにゃく座「銀のロバ」(2018年)
 ・日本・ポーランド共同制作「4つの季節の物語PORY ROKU」(2018年)
 ・ヨーロピアンJAZZライブ (フランス/チェンバーメトロポリタントリオ 2019年)
 ・LGBT児童劇「わたしとわたしぼくとぼく」(2022年3月予定)
 ・イタリアシャボン玉クラウン ミケーレ・カッファジ「OMINO」(2022年7月予定)
■子育てに関する支援
 子育て応援カンガルーポー(発達障がいを持つ子どもと親の交流広場を月3回実施)
 RASISA(不登校の子どもを持つ親の交流広場 年6回実施)
■情報紙の発行 (機関紙アプリを年3回発行)SNSでの情報発信。
■各分野NPO等との協働、ネットワークづくり
 連携団体:子ども劇場岡山県センター・チャイルドライン岡山・レトロマルシェ実行委員会
 瀬戸内アーツカウンシル
■アートコーディネート事業
 地域の保育園・幼稚園・小学校などに舞台鑑賞会や遊び広場などをコーディネートします。
  • 代表者高谷 純
  • 所在地33岡山市東区
いつの時代も子どもたちの成長にとって必要な「舞台鑑賞活動」と「体験活動」はさらに充実させていきます。また、地域コミュニティーの役割が薄れ行く中、中間的なコミュニティーの役割を大きく担っていきたいと思っています。
2021年度は、多様性理解プログラムを実施します。LGBT児童劇「わたしとわたし ぼくとぼ
特定非営利活動法人 みんなの集落研究所
団体の活動・業務次の特定非営利活動に係る事業を行う
仝朕諭Σ搬欧硫歛蟆魴茲了伝箸澆鼎り支援事業
⊇戸遏α反イ硫歛蟆魴茲了伝箸澆鼎り支援事業
C楼茲鮖戮┐訖雄爐了抉隋Π蘋事業
  • 代表者石原 達也
  • 所在地33岡山市北区
2020年度の振り返りと2021年度の方針
昨年度の総会資料を確認すると「2020 年度は新型コロナウイルス感染拡大防止に取り組むことを前提とした社会に向き合うことからはじまりました。」と書いています。まさしく、2020 年度は新型コロナ の影響を受け続けた1年間となりました。各地の集落、地域組織への影響は勿論の

検索画面に戻る