トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 検索結果

NPO団体検索結果

50音で探す「こ」で検索・・・・・・4件見つかりました。

一般社団法人 子どもソーシャルワークセンターつばさ
団体の活動・業務・倉敷トワイライトホーム事業の運営を行う。夕方から夜にかけての居場所づくり事業であり、年齢の近い学生と遊び、食事を通してコミュニケーションを図り、子ども達が信頼できる人と同じ時間を過ごすことで、子ども達が自分らしくいられる居場所となることを目指す。終了後は家まで学生が送る見送り事業も付随して行う。
・わくわくスクール事業の運営を行う。経済的に問題を抱えた家庭や、環境等などの理由により、塾にいけないなどの学びの機会や、遠出をすることが難しく、他の子どもに比べ社会的な経験が乏しい、相対的剥奪が起こっている家庭に対し、子どもの学習の機会をサポートする。また、博物館や美術館、運動公園にスポーツをしに出向く等、社会経験を積む機会をサポートする。
・ほのぼ〜の食堂の運営を行う。貧困状態にある子どもたち、家庭は社会との繋がりが欠けていることが多く、そのため問題が潜在化してしまうことで支援が必要な状態にかかわらず支援を受けられない家庭が存在する。そういった背景をもとに、地域住民が幅広く参加できる機会を設け、繋がりづくりのきっかけを作っていく。
・子どもの貧困に対する理解を得るため、講演、SNS、新聞などを活用し、社会に働きかけを行う。
・問題解決に向け、支援が必要な人たちに資源を届け、繋がりをつくる、課題解決のための支援者会議の企画・調整、社会参加の機会を創造、社会資源の開発などのソーシャルワークを行う。
・地域の中で、子ども達が安心していられる居場所をつくる。いつでも来れる地域の中の居場所づくり。
・運営基盤の構築を進める。
  • 代表者紀 奈那
  • 所在地33倉敷市
・3事業の実施、事業運営の安定性の確保を行う。
・地域住民とのネットワーク構築を進め、目標、理念の共有を行い、子どもを地域全体で見守る地域づくりを進める。
・3年後にNPO法人化を目指し、外部との相談を進めながら、事業目標、組織の運営計画の策定等を行う。
・連携を行うにっこにこや新たな団体
特定非営利活動法人 子ども劇場笠岡センター
団体の活動・業務■体験活動の企画・推進および支援事業(体験活動事業)
 自然体験活動自然体験を通じ、五感を養い、生きる力を培う機会の提供 等
 生活体験活動子どもの自立をたすけるさまざまな生活体験や交流及び居場所づくり 等
 文化体験活動すぐれた舞台芸術鑑賞活動や文化にふれる機会の提供 等

■豊かな生活環境の企画・推進および支援事業(生活環境事業)
 子育てひろば「あおぞら」
  ・親と子どもの居場所や交流の場の提供、講習の実施・情報提供 等
 子育てネットたすけ愛
  ・親が安心して子育てするための支援や仕事と育児の両立等のサポート
 日中一時支援
  ・障がい児(者)の日中における活動の場の確保、および家族の就労支援 等
 子育て・子育ちセーフティーネット事業
  ・子ども支援ネットワークの構築、子育て情報サイトの充実、発達障がい・障がい児親の居場所、シングル支援 等
 ふれあいひろば「虹」
  ・世代を超えた多様なふれあいの場の提供や給食サービス 等
 ふれあい・たすけ愛サービス事業
  ・互助システムを活用し、家事等生活支援等の制度外サービス
 チャイルドライン
  ・チャイルドラインかさおかの実施及び継続研修・受け手養成講座&公開講座の実施
 いのちまるごとプロジェクト
  ・ひとり親・生活困窮者の課題解決のための事業
 おひさまプロジェクト
  ・市民協働による「おひさま発電所」「おひさま基金」事業
 共同住宅
  ・シングルマザー及び独居高齢者の住宅事業

■情報発信およびネットワークの構築事業
 情報誌発行    生活・文化に関する情報誌の定期的発行

■大井児童館指定管理事業
 大井児童館指定管理 大井児童館の管理運営業務の遂行

■連携事業
 ひよこクラブ
  ・就学前の子どもと親の会。毎月1回の楽しい行事を通して親子の交流の場の提供
 フードバンク岡山(笠岡拠点)
  ・県内NPO法人等と連携し、社会福祉・環境保全等の活動 等
 地域交流フォーラム
  ・介護保険改正に伴い、住民参加の地域支援事業の創出・充実

■事務局
  ・ウエルカムかさおか
  ・渚プロジェクトinかさおか
  ・井笠の味づくり研究会
  • 代表者宇野 均惠
  • 所在地33笠岡市
■文化・自然・生活体験活動の企画・推進および支援事業
■笠岡市子育て・子育ちセーフティーネット構築事業
■豊かな生活環境の企画・推進および支援事業
■地域のネットワーク拡大による支援の充実
■つながりをコーディネートし、新たなコミュニティ(ふれあい社会)の構築
特定非営利活動法人 子ども劇場岡山県センター
団体の活動・業務
■チャイルドラインおかやま
■子どもの居場所づくり
■アートスタート
■子ども系NPOの交流・支援
■子どものための舞台芸術鑑賞活動と文化体験の普及・推進

(定款第5条より)
(1)子どもの諸活動に関する支援
(2)子どもと文化に関する活動の交流・サポート及び人材養成
(3)子どもと文化に関する活動の連絡・調整
(4)文化事業の企画および協力・提携
(5)情報誌の発行および広報・調査
(6)各分野NPOなどとの連携・ネットワークづくり
(7)その他目的達成に必要な事業
  • 代表者宇野 均惠
  • 所在地33岡山市北区
子どもの遊びが変わり、五感が育たないといわれる現代、「乳幼児期に「根」を伸ばすとは、視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感を発達させ、感性を豊かにすること」と神戸大学の広木教授は強調しています。
五感から受け入れた感覚を、快と感じるか不快と感じるか、安全なのか、不安と感じるのか、そこに感性の力があ
特定非営利活動法人 子どもシェルターモモ
団体の活動・業務■子どもシェルターモモの活動
 (1) 子どもの健全育成を図る活動
 (2) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
 (3) 社会教育の推進を図る活動
 (4) 人権の擁護又は平和の推進を図る活動
 (5) 男女共同参画社会の形成の促進を図る活動
 (6) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

■子どもシェルターモモの事業(業務)
 (1) 子どもシェルター運営事業
 (2) 自立援助ホーム運営事業
 (3) 児童養護施設等退所者に対するアフターケア事業
 (4) 子どもの問題についての啓発活動
 (5) その他、この法人の目的を達成するために必要な活動
  • 代表者東 隆司
  • 所在地33岡山市北区
平成24年度からは「子どもシェルター」が法的に児童自立援助ホームの一類型として位置づけられ、公的援助が得られるようになりました。先輩シェルターを始め、多くの方々の働きかけの成果だとありがたく思っております。
公的支援が得られるようになったことにより、やっとシェルター運営に関しては一息つくことが

検索画面に戻る