トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 特定非営利活動法人超教育ラボラトリーInc.

特定非営利活動法人超教育ラボラトリーInc.

★★★★

NPO DATA

団体の目的 【 事業の目的 】
私たちは、都市部から地方へ転職を伴う移住実行の前に不可欠な計画策定の支援を必要とする人々等に対して、移住から定住・安住の技術を体験的に会得した実業出身の実務家教員によるリカレント教育の推進を図る事業を行い、地方創生の促進と人間中心の社会〔Society 5.0〕の実現に寄与することを目的といたします。
団体活動・業務 【 事業活動の種類 】
 (1) 社会教育の推進を図る活動
 (2) 職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
 (3) 情報化社会の発展を図る活動
 (4) まちづくりの推進を図る活動
 (5) 農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動
 (6) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動
設立以来の
主な活動実績
生涯学習リビングラボ〔 https://www.facebook.com/pg/Super.Education.Lab/events/ 〕ほか
現在特に力を
入れていること
【 事業内容 】
(1) 特定非営利活動に係る事業
  地方創生リカレント教育講座開催事業
  実務家教員派遣及び養成サービス事業
  移住・転職・定住に係る調査研究事業
  移住・定住・安住に係る出版物発行事業
  行政・企業等への政策提言及び協働事業
  その他目的達成に必要な事業
今後の活動の
方向性・
ビジョン
【 地方創生デジタルトランスフォーメーション(DX) 】
新しい生活様式に求められる行動変容と、継続企業の前提――。

デジタル技術による社会変革を踏まえた経営ビジョンを策定・公表とともに2018年、スタートアップした NPO法人 超教育ラボラトリーInc.は、地方公共団体あるいは企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する自主的取組を促す本ページを作成 。単なるIT化ではない、データ連携基盤整備を視野に、DXの普及促進をもって様々な手続きを簡単・便利にすることにより市民と自治体、顧客と企業、双方の生産性を抜本的に向上。データの活用、ニーズの最適化による仕事のやり方、働き方の変革にも努めて参ります。
行政との
協働の実績
経済産業省の「未来の教室」実証事業や「地方版IoT推進ラボ」普及事業を皮切りに、三菱総研様「ビジネス・アクセラレーション・プログラム 2018」ほか、積極果敢に挑戦エントリーを続けています。今後のアライアンスを含め、何卒よろしくお願い申し上げます。
代表者 菅野 敦也
所在地 岡山市北区野田屋町
設立年月日 2018年4月18日
電話番号
ファックス --
メール lab@city-okayama.net
URL https://www.city-okayama.net/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。

この団体に募金する