トップ > 課題に取り組むNPOを知る > フリースペース あかね

フリースペース あかね

★★★

NPO DATA

団体の目的 この法人は、不登校・引きこもりなど、生きづらさを抱え孤独を深める子ども、若者及びその家族に対して、安心して自分自身と向き合うことができる居場所であり、当事者同士が出逢い承認し合うことができるコミュニティである居場所・フリースペースの提供や相談活動を行うことにより、一人一人が自分らしく個性を発揮しながら社会の中で生きていくことに寄与することを目的とする。
団体活動・業務 不登校・ひきこもりの子どもや若者、そのご家族が安心できる居場所づくり。
設立以来の
主な活動実績
1.不登校の子どもを中心に、若者や親を含んだ居場所として、月〜金の毎日の温かい雰囲気を維持してきたこと自体が最大の実績である。
’間平均開放日数 約195日
年間相談者数
年度来所相談
2001〜2003年73人
2004年60人
2005年23人
2006年24人
2007年21人
2008年58人
2009年11人
2010年26人
2011年17人
2012年21人
2013年14人
2014年36人
2015年72人

2.そのほかにもあかねの目的を高めるためにさまざまなことを行ってきた。それらを実績として列挙する。
 …蟯的な会
親の会  不登校の保護者とともに語り合う(月1回)
ポラーノの広場  若者の居場所(月2回)
アンダンテの会  ひきこもり傾向の若者、親の居場所(月1回)
あかねの明日を語る会 あかねを存続のための話し合いをする会
親父の会  日頃接触がなかなかできない父親たちと子育てを語り合う。(年に1から2回程度)
その他 月一回の料理イベント、パン焼きデー、運動の日、おしゃべり広場、勉強タイム、朗読タイム、お抹茶タイム。フラワーアレンジメント

不定期の会 
おかんの会(おかあさんたちが気楽におしゃべりする)
学習会(カウンセリングの方法 発達障害について 公民館の役割について。ペシャワール会の活動について、など)

 一般市民も含めた企画として「あかねの集い」を過去数回
2004 「トーク&トーク・不登校―自立を目指して」
2006 「お父さんが語る不登校の集い」
2009 「生きてりゃいいさ」二人のお母さんの報告を中心に
   2010 「10周年記念 不登校をのりこえて」
  2014 「当事者が語る!本当の気持ちと居場所のちから」

ね用者が作った絵や書、詩などの作品を展示する展覧会を開催
2014 「あかねの展覧会」

ゾ霾鶻萋
あかね通信   2〜3ヶ月に1回 現在までに67号
ポラーノ通信  あかね通信の若者版 2〜3ヶ月に1回 現在までに14号
Facebook     日々のフリースペースあかねの様子や、お知らせなどを発信

子どもたちとの様々な企画
カゴ編み、ハロウィン、ダンス教室、クリスマス会、バーベキュー アイスクリーム作り、ケーキ作り、おしゃべり会、お楽しみ会、お別れ会、あかね文化祭、和太鼓を見学するツアー、花見、カキオコを食べにいく、イチゴ大福を作る

他団体との協力事業
赤い羽根共同募金参加
お好み演芸会出演  ダンス、ギター演奏
市教委主催の音楽会、適応指導教室との交流会参加
不登校・中退の子どもと親のための進学説明会 毎年一回  
(岡ネット主催だが事務局であるあかねが実質的に企画・運営)

┐修梁
不登校に対する啓蒙活動として映画「あかね色の空を見たよ」、「アンダンテ稲の旋律」上映運動
大震災の被災地支援  亘理町への支援
現在特に力を
入れていること
・参加者が主体となって企画するイベントや自然体験学習




























今後の活動の
方向性・
ビジョン
・継続的な運営のための資金調達
行政との
協働の実績
代表者 原 悠太
所在地 岡山市北区
設立年月日 2001年4月1日
電話番号 086-256-7122
ファックス 086-256-7122
メール fs-akane@po1.oninet.ne.jp
URL http://www2.oninet.ne.jp/fs-akane/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。

twitter