トップ > 課題に取り組むNPOを知る > チーム響き

チーム響き

NPO DATA

団体の目的 活動理念 障がい者の自由な社会参加
活動内容 障がい者と健常者の交流イベント
     学生中心交流イベント
     全盲や車椅子の方への介助活動
     相談活動
     朗読支援
     自立支援
団体活動・業務  チーム響きは基本的に月曜日・水曜日を休日としその曜日以外でしたら常に介助や相談は大丈夫ですが予約優先になります。また、月曜日と水曜日でも予約をして頂ければ介助・相談を行いますのでお気軽にお問い合わせください。
設立以来の
主な活動実績
 チーム響き代表 阿部は生まれつき眼振による弱視と先天性胆道閉鎖症という病気を持って生まれてきました。小学5年の時に生体肝移植を行い肝臓の方は順調に回復していきましたが、その後原因不明の神経痛を抱えて今でも週に一回、大学病院で痛み止めとトリガーポイントという注射を受けています。
 中学は支援系の学校に進学し様々な障がいのある方たちと出会いました。
その出会いの中で様々な悩みを聞いたり色々な経験を通していく中で「障がいがあって自由な社会参加ができないのはおかしいのでは?」と思い障がいがあっても自由に社会参加ができるようにしたいと思いました。
 そうして介助活動や相談活動を一人で行っていくうちに自然と仲間が集まり「チーム響き」が設立しました。

 チーム響きは過去15回以上の交流イベントや日本LD学会での学会発表などを行い2017年には年間150件以上の相談件数を達成しました。交流イベントでは点字トランプ・ウノなどを使って遊んだりオリジナルのレクリエーションをを行うなどして明るく楽しく行われています。
2015年度 岡山高校生ボランティアアワード 共感賞
       全国高校生マイプロジェクトアワード BESTCOLLABORATION AWARD
を獲得しました。
現在特に力を
入れていること
 2018年は新企画として放課後、子供たちの居場所づくりを行おうと考えています。共働きの家庭や居場所のない子供達に明るく楽しく過ごして欲しいという願いからこの活動を行ないます。
 毎週木曜日の放課後で勉強とボードゲームを行おうと考えています。1人一回300円程の参加費を頂いて活動を行おうと考えています。
 「ミライ福祉を明るく楽しく」というテーマでセミナー&ワークショップを開催しミライの福祉について「どうなればいいのか」「どんなことが必要なのか」を参加者と一緒にチーム響きで学んだこと等を活かしてセミナーを開催いたします。また、その場で学んだ事を少しでも実現できるようにしていきたいと考えています。
今後の活動の
方向性・
ビジョン
行政との
協働の実績
代表者 阿部 磨呂
所在地
設立年月日 2014年4月24日
電話番号 090-1353-9582
ファックス
メール teamhibiki2014@gmail.com
URL https://www.facebook.com/teamhibiki/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。