トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 特定非営利活動法人color

特定非営利活動法人color

★★★★

NPO DATA

団体の目的 この法人は、障害のある方とそのご家族に対して、地域生活支援に関する事業を実施し、障害のある方と地域住民との交流を図り、障害のある方と地域住民とが共生するまちづくり、地域福祉、更には社会全体の利益に寄与することを目的とする。
団体活動・業務 1.地域生活支援ネットワークづくり事業
2.障害児・者に関する福祉サービス事業
3.障害児・者に関する地域生活支援事業
4.地域における障害者支援等の啓発活動事業
5.障害児・者に関する相談支援事業
6.その他障害児・者支援に関する事業
設立以来の
主な活動実績
現代表が学生時代に福祉を学び、福祉施設に勤めていた経験の中で
「人として本来あるべき生活」とは何かを考え、地域の中で生活するために
必要なことは何か、高梁市が求めていることは何か、colorの前身となる
福祉を考える会を発足。その後、特定非営利活動法人colorを設立。
児童デイサービス(当時)、日中一時支援事業、相談支援事業等を開始し、
平成28年に児童発達支援センター くるーるを設立。

平成17年10月 福祉を考える会発足
平成18年 2月 特定非営利活動法人color誕生
     5月 児童デイサービスみずたまスタート
     10月 日中一時支援事業 そらのいろスタート(高梁市と契約)
     12月 日中一時支援事業 そらのいろ 新見市と契約
平成19年12月 日中一時支援事業 そらのいろ真庭市と契約
平成20年 4月 日中一時支援事業 そらのいろ 吉備中央町と契約
平成20年 4月 吉備中央町にて出張児童発達支援事業このはスタート(平成22年1月まで)
平成20年11月 本町へ事業所移転
平成21年 7月 日中一時支援事業 そらのいろ 倉敷と契約
平成22年 4月 要支援児保育事業 高梁市より委託
平成23年 6月 伊賀町へ事業所移転
平成24年 4月 児童発達支援事業 放課後等デイサービスみずたまに事業変更
        相談支援事業 児童相談支援センター さくらスタート
        発達障害者支援体制整備事業 委託
平成25年 1月 みずたま本町(児童発達支援事業 放課後等デイサービス)スタート
平成25年 2月 日中一時支援事業 そらのいろ総社市と契約
平成27年 3月 発達障害者支援体制整備事業 修了
        →平成27年4月より委託事業へ変更
平成28年 4月 児童発達支援センター くるーる開所
現在特に力を
入れていること
【人材育成】
 個別支援をモットーに、子ども一人ひとりに適切な支援を提供するよう取り組んでいる。colorは高梁市が取り入れているスクラム体制の一端を担う立場として、療育者、相談支援者として専門的な支援を求められている。利用児や保護者、更には園や学校へ専門職として信頼して頂けるよう個々のスキルアップには力を入れている。
 月2回のスタッフによる社内研修と専門講師による隔月の研修、更には保護者や他事業所による研修等も行い、他事業所の視察研修も取り入れている。研修の内容は、その時々の課題となるテーマに沿って検討している。隔月の研修は「自閉症」に関する内容。特性や支援方法を中心に学習している。スタッフ研修では実業務に必要な知識や視点を管理者スタッフにより開催している。さらには保護者の視点や考えをできるだけ理解し、気持ちを汲むことのできる支援者となるため、保護者講師による研修も開催している。

【福祉サービスの向上】
児童発達支援センター くるーる開所に伴い、高梁市の中核施設として、福祉サービスの向上を目的とした専門知識の提供や情報共有等の研修会を年に2~3回開催している。近隣市を含めた事業所と必要な支援について学んでいる。

【地域交流】
colorの活動や取組を知ってもらうことを現在の課題とし、地域の人を含めてだれでもが参加できるイベントを開催している。年に3回法人イベントを開催し、1回のイベントにつき160人~190人が参加している。高梁市の老人クラブや社会福祉士会、他事業所等、イベント協力を通じて関わりを増やし、開けた法人を目指している。
今後の活動の
方向性・
ビジョン
・高梁市に拠点を置く法人として、障害のある方への支援だけでなく、広く子育て支援に取り組み、障害の有無にかかわらず、子育てしやすい市、生活しやすい市の一端を担う法人となることを目指す。
 →平成30年8月より、障害の有無にかかわらず利用できる一時保育事業を開始。子育てしやすい町づくりの一役を担うこととなった。弊法人が誰もが利用しやすい、相談しやすい拠点の一つとなるよう今後も継続する。

・支援者として、プロ意識を持った職員を育成し、質の高いサービスを目指す。
 →個別支援に必要な視点や考え方を学ぶためのスキルアップ研修を継続して行い、支援者として誇りを持って活動できるよう育成に取り組む。

・法人として、障害理解や支援者育成のための活動を継続し、良い刺激の提供者を目指す。
 →イベントは回数を重ねるごとに参加者・協力者が増えている。colorとの活動を楽しみと感じてもらえるよう今後も内容の濃いものを提供していく。

・企業として、職員の誰もが『働きやすい』やりがいある職場を目指す。
 →利用者が納得、満足する事業所となるために、何よりも職員の満足度の高い職場を目指す。
行政との
協働の実績
障害者相談支援事業
巡回支援専門員整備事業
代表者 川上 路代
所在地 高梁市
設立年月日 2006年2月24日
電話番号 0866-56-3946
ファックス 0866-56-3953
メール color-center@vesta.ocn.ne.jp
URL https://www.npocolor.com/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。