トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 若者応援コミュニティ とりのす

若者応援コミュニティ とりのす

★★★★

NPO DATA

団体の目的 この法人は、社会との接点を持ちたい若者やそれを応援したい市民に対して、社会貢献活動の企画運営の支援や、当事者がそれを通して身についた自己の問題意識を広く伝える体験のコーディネートを行う。またその活動に多くの市民が主体的に関われるよう広く開き、未来の地域社会を担う若者の育成を、市民と共に支援する地域コミュニティの形成に寄与することを目的とする。
団体活動・業務 (1) イベント制作支援事業
(2) 地域人材育成事業
(3) その他この法人の目的を達成するために必要な事業

若者と商店街を繋ぐ「まちなか大学祭」
社会貢献を仕事にしている大人と学生の交流イベント「社会と向き合う僕たちへ」
大学をめぐりながらのまち歩きとゴミ拾いを掛け合わせた「UNIversity CLEaning〜ユニクリ〜」
東北の復興を若者自身も楽しみながら応援する「福島×岡山 復興春フェス」
環境保護の観点を取り入れた祭り「エコ夏祭り」 (一部を抜粋)
設立以来の
主な活動実績
平成24年4月 大学内での啓発活動を中心として、学生サークル「とり.OUS」発足
平成26年4月 拠点を大学から地域に広げるため、学生サークル「とり.OUS」を発展的に解散、 任意団体「学生イベント企画団体 とり.OUS」として再スタート
平成29年1月 代表の大学卒業を機として支援者を募り、法人設立の意思確認
平成29年3月 「NPO法人若者応援コミュニティとりのす」設立総会開催
平成29年5月 インキュベーションとして岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館 ゆうあいセンター内に貸事務所(学生交流スペース)を設置
平成29年6月13日 岡山市より法人設立認証、同日に設立登記
平成29年8月12日 ゆうあいセンターより移転、現在地にグループ団体合同事務所を設置
平成29年10月 学生コミュニティスペース「ネストOKAYAMA」をオープン
平成29年11月 ボランティア全国フォーラム2017 代表理事 登壇
現在特に力を
入れていること
‘口の支援「知る・考える」:合同活動紹介会や体験会など社会貢献との接点の場を広く開く。
活動の支援「行動する」:自律的に社会貢献活動をしたい若者の活動のコーディネートを行う。
出口の支援「発展させる」:社会貢献で働く当事者との交流の場を設け、キャリア形成のサポートを行う。
今後の活動の
方向性・
ビジョン
ここにある調査結果があります。それは、岡山県は大学・短大の設置数が全国で3番目に多い地域であるということです。(平成27年度文部科学省「学校基本調査」より)言い方を変えれば、人口10万人当たりの大学数が1.4校であるということ。
教育機関としてのシンクタンクが点在しており、このまちに学びを求めに全国から若者がやってきているのです。
この事実は私たちに、若者の支援をしていく中での岡山の可能性の高さを表してくれたのは言うまでもありません。
若者が、社会を良くしていこうと行動に移せる地域社会。そしてその行動を、地域の大人たちがみんなで応援する。そんな「未来の地域を想うリレー」ができている地域コミュニティを目指したい。その想いで、私たちは活動してまいります。
行政との
協働の実績
岡山県 産業労働部
津山市 産業経済部
倉敷市 労働政策課
代表者 井口 陽平
所在地 岡山市北区
設立年月日 2017年6月13日
電話番号 086-236-9717
ファックス 086-236-9720
メール npo.torinosu@gmail.com
URL

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。