トップ > 課題に取り組むNPOを知る > NPO法人 みんなの劇場・おかやま

NPO法人 みんなの劇場・おかやま

★★★★

NPO DATA

団体の目的 第3条この法人は、子どもや大人に対して文化芸術の鑑賞や体験活動を通して、社会参画の機会を拡充し、子どもの豊かな成長とすべての人々が共に育ちあう地域社会の創出に寄与することを目的とする。
団体活動・業務 ・子どもの諸活動に関する事業の支援
 交流体験活動・自然体験活動・劇団やアーティストによるワークショップ、夏休みフリー塾、高学 年キャンプ、レトロ遊びなど
・優れた文化芸術に関する活動の推進
 年5回、地域の会場でプロの創造団体による舞台芸術鑑賞会を開催。
・子育てに関する支援
 ノーマライゼーション型子育て応援サークル・カンガルーポー)
・情報紙の発行 
 季刊げきじょう通信
・各分野NPO等との協働、ネットワークづくり
・アートコーディネート事業
 地域の保育園・幼稚園・小学校などに舞台鑑賞会や遊び広場などをプロデュースします。
設立以来の
主な活動実績
1985年5月 子どものための優れた舞台芸術を鑑賞し、児童文化の創造発展を通して、子ども達の友情や自主性・創造性を育み健全な成長を図ることを目的として、岡山市東区西大寺を拠点に「西大寺子ども劇場」を設立。
2001年3月、法人格を取得。名称を「NPO法人文化☆体験ネット西大寺子ども劇場」とする。
2016年4月 名称を「NPO法人みんなの劇場・おかやま」とし変更する。「つなぐ そだてる みんなのげきじょう」をキャッチフレーズにより広い年齢層や地域のネットワークを活かした事業を展開している。
現在特に力を
入れていること
心身ともにバランスの取れた子どもの育ちを提唱し事業を推進しています。
・感動とともに子どもの心を育てる活動「舞台芸術鑑賞活動」「交流体験活動」「自然体験活動」
・生活の根ざした遊びの中で、五感を育て運動能力を高める「レトロ(むかし)遊び」の出前事業。
地域のつながりが薄れる中で子育て中の親たちのネットワークづくり。
・平成22年度からノーマライゼーション型子育て応援サークル・カンガルーポーを各地域で開催しています。子どもさんに障害があっても、なくても集える「母と子のおしゃべりコミュニティー」です。最近は発達障がいの子どもさんを育てる親の情報交換広場として機能しています。
今後の活動の
方向性・
ビジョン
いつの時代も子どもたちの成長にとって必要な「舞台鑑賞活動」と「体験活動」はさらに充実させていきます。また、地域コミュニティーの役割が薄れ行く中、中間的なコミュニティーの役割を大きく担っていきたいと思っています。
行政との
協働の実績
◆文部科学省「学びあい・支えあい地域活性化推進事業」岡山実行委員会に参加
H19 昔遊び発見
H20 芥子山マップ作り
◆瀬戸内市福祉フェアー2011のキッズコーナーを委託。
◆岡山市立公民館 
平成13年から子どもの長期休暇中の居場所づくりとして「夏休みフリー塾」を協働で行っている。
◆西大寺公民館
青少年アートプログラムを協働して開催。(平成24・25・26年度)
代表者 徳持 昌代
所在地 岡山市東区
設立年月日 1985年5月19日
電話番号 086-942-1544
ファックス 086-942-1544
メール k-g-saidaiji@mx31.tiki.ne.jp
URL http://npo.sakuraweb.com/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。