トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 特定非営利活動法人 M.C.S AID

特定非営利活動法人 M.C.S AID

★★★★

NPO DATA

団体の目的 乳児から高齢者に対して、介護保険の範囲を超えて、看護・介護に関する事業を行い保健・医療または福祉の増進を図る活動をもくてきとしています。
また、子どものいる家庭に関しては、急な病気などの保育園・幼稚園・小学校の預かってもらえない部分を支援することによって、多くの女性の社会参加に寄与することを目的とする法人です。
団体活動・業務 「プライベート高齢者サポートサービス」:ライフコンシェルジュ・サポート
乳幼児から高齢者に対して、介護保険の範囲の中では、介護・生活するにあたって、援助の足りない方や、介護保険を持っていない方に対しても、介護保険を利用するのと同等のサービスを自費で提供しています。
看護・介護を中心にご自宅やアパート・マンションでの一人暮らしの方や、現在の住居で暮らしたい方、また遠く離れて生活されている近親者の方への健康チェックを含めた、安心訪問ケアサービスです。
*おてつ隊:単発でのプライベート訪問看護・介護・生活支援サービス
*えくぼ:病児・一時預かり出張ベビーシッター
地域に存在する、『町のナースステーション』としてご利用ください。
と同時に、現在不足している看護師・介護士・ヘルパー・保育士のネットワークを作っています。現在仕事をしている人・潜在有資格者同士の情報交換、情報提供や勉強会、セミナーなどを行い、職場復帰の足掛かりを作っていきます。
設立以来の
主な活動実績
訪問看護や施設の看護師の仕事を通して、現行んの介護保険の限界と、介護保険を利用されていない方に対しての、地域での支援や援助がまだまだ不十分であると実感。高齢者は増加する一方で、介護保険の利用が制限されていく中で、自分も近い将来迎える高齢者の生活への危機感を感じた。
保険を使わなければ、すべて家族負担になるのか?
家族が近くにいなければ、どうなるのか?
訪問看護や訪問介護を利用している方でも、足りないサービスは自費で、手伝いさんや家事代行サアービスを頼まれている方もいる。
だったら、医療サービスも資格を持った者が自費で提供したら、助かる場面も多いのでは?という思いで始め、一人暮らしの方の時々の見守り(家族依頼)、急病(ぎっくり腰、インフルエンザなど)のときの依頼、旅行の付き添い、介護家族の方の息抜きのための依頼、入院時の洗濯や買い物依頼、退院後の生活援助、産後のママからの赤ちゃんとママの見守りなど、健康にかけた依頼をいただいおている。
現在特に力を
入れていること
ライフコンシェルジュサポート(民間型高齢者サポートサービス)
自宅や賃貸物件で安心とやすらぎと心の支えになれるおもてなしのサポートを安価で提供
訪問時に健康だけでなく、必要時は介護保険申請のお手伝いや、成年後見人の紹介、終活の相談などもお伺いして、地域で安心して生活ができるように、お手伝いさせていただいています。

特に一人暮らしの高齢者の方に、当スタッフが週1回からお伺いし、散らかりがちなご自宅の掃除と健康チェックを定期的に伺い、サポートいたします。
また、遠方の近親者の方々の心配も解消しています。
今後の活動の
方向性・
ビジョン
*長く住み慣れた自宅で、町で暮らせるように、当法人の自費の訪問看護・介護・生活支援だけでなく、民間の訪問サービス(理美容・宅配給食・ペット関連・マッサージなど)や医療・介護保険サービス事業所や診療所と連携をはかり、あんしんした生活が送れるような連携作りを目指す。
*安価な住居提供(空き家や空きアパートの利用)をして、高齢者のコミュニティーを作り、自宅で看取りまでできるような環境作りを、当法人のサービスや訪問サービスと連携して、構築していきたい。
行政との
協働の実績
なし
代表者 林 真弓
所在地 岡山市北区
設立年月日 2013年12月10日
電話番号 090-7996-2823
ファックス
メール mcsaidbaby@gmail.com
URL http://r.goope.jp/mcs-aid

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。

この団体に募金する