トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 特定非営利活動法人 みんなの集落研究所

特定非営利活動法人 みんなの集落研究所

★★★★

NPO DATA

団体の目的 この法人は、主に中山間地域をはじめとした、人口減少や少子高齢化等に起因する課題をもつ岡山県内の地域・集落に対して、その維持と発展に関する調査研究及び提言、マッチング、コンサルティング、人材育成などに関する事業を行い、諸機関とのネットワークを構築しながら、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする。
団体活動・業務 次の特定非営利活動に係る事業を行う
岡山県内の地域・集落における課題解決のための調査・研究事業
岡山県内の地域・集落における課題解決のためのマッチング及び円卓会議開催事業
岡山県内の地域・集落における課題解決のためのコンサルティング事業
岡山県内の地域・集落における課題解決のための人材育成・組織強化事業
岡山県内の地域・集落における課題解決のための政策提言事業
設立以来の
主な活動実績
2012.04 NPO法改正「農山漁村又は中山間地域の振興を図る活動」が追加
2012.07 勉強会開催
2012.09 みんなの集落研究所設立準備会開催
2012.12 みんなの集落研究所設立総会開催
2013.04 みんなの集落研究所法人認証

岡山県が位置する中国地方では「限界集落」と言われる小規模高齢化集落の割合が高く、世界的にみても人口減少やそれによる機能低下が先駆けて生じています。日本における高齢化及び少子化は速度を増しており、特に、中山間地域と呼ばれる山間地やその周辺地域ではその変化が顕著です。集落に数件しか人の住んでいる家がなく、その家全員が80歳以上の高齢者の一人ぐらしという集落も存在しています。
こうした地域で起きていることは、今後、郊外にあるかつての新興住宅街や都市部でも形を変えて起こりうる課題です。今、市民、企業、行政等様々な主体が立場を越えて支援を行い、それを通じてこの日本全体に訪れる大きな課題の解決を考えていくことが必要です。しかしながら、課題が多様であり、またその解決のための取り組みも多様であることから、現状の正確な把握や分析、立場や方法論を越えた連携が難しいのも現実です。また取り組みの持続的な発展のための次なる担い手の育成も求められています。
私たちはそのような状況の中で、集落に近い立場で調査研究を行う組織として今とこれからに求められる調査を行い、その結果をもってマッチングやコンサルティング、政策提言を行うとともに、その取り組みを通じてネットワークの構築や人材育成を図ることで、中山間地域及び同様の課題を抱える地域の課題解決に寄与することを目指し、組織の設立を決意いたしました。

私達はこれまで上記の問題意識をもったメンバーで集まって、勉強会を重ねることで組織の必要性を痛感し、設立準備会を経て、設立へと至りました。
現在特に力を
入れていること
今後の活動の
方向性・
ビジョン
※平成27年度事業計画書から抜粋

…敢此ΩΦ羯業
 多くの市町村において、地域自治組織の立ち上げなどが行われているが、目的や役割が不明確で機能しづらいといったケースもあり、こうした地域自治を促すための必要な調査や運営に必要な計画づくり・他機関との連携の必要性などを支援・提案する。
 また新しい総合事業に向けて、地域にある自治会やNPOなどの資源の把握やコーディネーター・協議体などの計画・仕組みづくりが急務となっている。そのため、資源調査を通して、各地域のヒアリングなどを元に仕組みの提案などを実施する。またこうした動きは上記の地域自治組織の役割とも大きく関わっており、行政機関の部署をまたいでの連携を促進するなども実施する。
 その他、県境の課題解決事業・昨年度スタートした集落大図鑑の発行を通じた取り組み事例の把握と地域のネットワークづくり・新しい住まい方に関する提案などを実施する。

▲泪奪船鵐圧擇啀濛邁餤蝶催事業
 中山間地域としての特徴を持つ地域と、企業・団体・機関をつなぎ、継続可能な取りくみをつくるためのマッチングや企画のための円卓会議を実施する。
 そのために、社会的なニーズを見極め、それを仮説として企業・団体・機関へのヒアリングや企画づくりを行う。福祉・農業・流通・教育・商工など、多様な企業や団体・機関とのネットワークを活かし、それらのニーズを地域連携へ、さらに総働の地域づくりへと結びつける。


コンサルティング事業
 昨年度は、地域や集落の計画づくり・新しい取り組みの立ち上げ支援などを多数実施した。
 今年度も引き続き地域や集落に対して、ヒアリングや調査分析をもとにコンサルティング等を実施するが、獣害・助け合い・移動などの課題を中心とした地域の生活を支えるための支援なども実施する。

た雄牋蘋・組織強化事業
 地域での助け合いや日常生活の支援を必要とする高齢者が地域のために自分たちの持った能力を活かせる支事の担い手として役割を担うことのできるかせぎづくりを行っている地域やNPOや団体のネットワークを強化する。
 昨年度に引き続き、島根県の人材育成事業を行う。実施を通した人材育成のノウハウ蓄積やネットワークづくりにより、今後の岡山県内の地域や集落の支援に結びつける。その他、地域や集落における課題解決のための人材育成・組織強化を行う。
 また地域おこし協力隊が今後増えていくことが予想される中、県域におけるネットワーク・課題共有などを実施しながら、連携体制や制度改善の提言などを実施する。

ダ策提言事業
 小規模多機能自治や助け合いの仕組み等持続可能な地域づくりに必要となる事柄について、勉強会等を行う。
 市町村の新しい総合事業実施や、介護予防日常生活総合支援事業の制度改正に向けて、地域での助け合いや日常生活の支援について取り組んでいるNPOや地域・団体等と連携して、各地域の状況の把握および県域での必要な支援策などを検討・提言する。
行政との
協働の実績
<平成28年度>
・岡山県 「『森のめぐみをいただく〜鳥取・岡山のジビエ〜』でのイベント実施業務」
・岡山県美作県民局
 「一社一村促進プロジェクト推進事業」
 「みまさか生活支援体制整備サポートデスク事業」
・岡山市
 「岡山市中山間・周辺地域活性化検討業務委託」
 「岡山市農業・農村観光資源等調査業務委託」
 「地域おこし協力隊支援業務委託」
・岡山市ふれあい公社 「岡山市生活・介護支援サポーター養成講座」
・瀬戸内市 「瀬戸内市地域自治組織制度づくり及び地域自治組織立ち上げ支援業務」
・津山市
 「津山市支援員派遣事業」
 「津山市住民自治協議会事業支援業務」
・高梁市 「高梁市まちづくり研修会実施委託」
・美咲町
 「ワークショップファシリテーター派遣業務」※飯岡地区
 「美咲町集落のあり方(自治運営組織及び担い手育成支援にかかる提案)事業業務」
・久米南町 「久米南町新総合事業コーディネート業務」

<平成27年度>
・岡山県美作県民局
 「みまさか生活支援体制整備サポートデスク事業」
 「一社一村促進プロジェクト推進事業」
 「ジビエのある生活普及促進事業」
・岡山市
 「岡山市生活支援強化推進事業業務委託」
 「岡山市中山間地域等の実態把握調査業務委託」
 「岡山市地場産農産物の取扱にかかる調査業務委託」
 「犬島地域活性化ワークショップ実施業務委託」
 「中山間地域住民活動応援事業支援業務委託」
・岡山市ふれあい公社 「岡山市生活・介護支援サポーター養成講座」
・瀬戸内市
 「地域自治組織づくりに向けた調査及び計画策定業務」
 「瀬戸内市協働のまちづくりシンポジウム実施業務」
 「瀬戸内市協働提案事業『地域で高齢者を支える仕組み作りのための資源調査』」
・美作市
 「美作市内の事業継承の実態に関するアンケート調査」
 「中山間地域等活性化応援事業」※粟井地区
・美咲町 「新総合事業仕組みづくりコーディネート業務」
・久米南町 「久米南町まちづくり支援事業コーディネート委託業務」

 <平成26年度>
・岡山県美作県民局
 「一社一村促進プロジェクト推進事業」
 「おかやま元気!集落の特産品及びジビエ料理に係る普及啓発イベント開催業務」
 「平成26年度ジビエのある生活普及促進事業」
・岡山県備前県民局協働提案事業「おかやまの「今すぐ使える」取り組みレポート活用事業」
・岡山市
 「生活支援サービス等の社会資源把握調査」
 「平成26年度中山間地域(御津・建部)における地域住民活動応援事業業務委託」
 「犬島事業方針策定支援業務」
・吉備中央町「吉備中央町買い物支援事業」
・美作市「巨勢地域活性化応援事業」
・美咲町「中山間地域等活性化応援事業(頑張る棚田特産品ブランド化応援事業)」

 <平成25年度>
・岡山県「生活基盤維持サービスSB化検証調査事業」
・岡山県「生活基盤維持サービスビジネスモデル調査・提案事業」
・岡山県「岡山県中山間地域協働支援センター事業(買い物をしやすい環境づくり)」
・岡山県美作県民局 「おかやま元気!集落連携促進事業」
・久米南町「地域活性化推進事業コーディネート」
・吉備中央町 「買い物等調査分析及びコーディネート事業」
・笠岡市 「空き家調査事業」
代表者 石原 達也
所在地 岡山市北区
設立年月日 2013年4月1日
電話番号 086-206-6140
ファックス 086-206-6143
メール npominken@gmail.com
URL http://www.npominken.jp/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。

twitter