トップ > 課題に取り組むNPOを知る > 遊び場を考える会

遊び場を考える会

★★★★★

NPO DATA

団体の目的 子どもたちの育つ環境を、遊びの視点から、実践を通して考えていく
団体活動・業務 ●倉敷市酒津公園におけるプレーパーク活動
・「おーい、みんなあそぼうよ!」第三日曜日10:30〜15:00
・乳幼児の親の参画する遊び場「おそとであそぼっ!まめっこぱーく」月一回不定期10:00〜14:00
・夏の連続プレーパーク

●講演会

設立以来の
主な活動実績
2001年4月の設立以来、プレーパーク活動を倉敷市酒津公園にて行う。

現在特に力を
入れていること
新規会員の獲得
今後の活動の
方向性・
ビジョン
子どもたちが地域で生き生きと育っていくことが出来たり、親が子育てが楽しいと思えるように、活動を通して見えてきたことを地域に発信していく。
また、子どもにとって本当に力になるとは、外遊びの重要性も発信していく。
行政との
協働の実績
倉敷市生涯学習課と協働
プレーパーク活動
代表者 岡本 和子
所在地 倉敷市
設立年月日 2001年4月1日
電話番号 086-421-6378
ファックス 086-421-6378
メール nrp09443@nifty.com
URL http://blog.canpan.info/asobi-ba/

※この情報は、「canpan」から提供されたものを基本としています。